ホーム > プレスリリース > テラデータの流通業界向けソリューション Retail Template の導入社数が 14社に

プレスリリース

2012年3月1日

テラデータの流通業界向けソリューション Retail Template の導入社数が 14社に

− 関連購買分析モジュールや管理ワークフロー機能を追加した新バージョンが高い評価 −

日本テラデータ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉川幸彦、以下テラデータ)は、Teradata のデータウェアハウス(DWH)上で稼働する流通業界向けソリューション「Retail Template(リテール・テンプレート)」※1がユーザー企業から高い評価を受け、導入社数が合計 14社になったことを発表します。内訳は、13社がすでに稼働中で、新たに 1社で導入が進められています。DWH上で稼働する特定業界向けのソリューションとしては、非常に高い支持を受けています。なお、多くのお客様に Retail Template の魅力を紹介するため、3月9日開催の DWH に関するコンファレンス「Teradata Universe Tokyo 2012※2にてデモンストレーション展示を行います。

Retail Template は、流通業で求められる標準的なデータ分析機能をモジュール化して、短期間に高度で使いやすい分析環境を構築できるようにしたアプリケーション群です。2008年から提供を開始し、大手百貨店、大手量販店、専門量販店、カード会社などで導入されています。
Retail Template はお客様のニーズに合わせて随時改良を行っていますが、最新版では各モジュール共通の部品群を集約し、パラメーターで動くように標準化することで、プログラミングに必要な工程を大幅に減らすことができるようになりました。これにより、導入までの期間を従来の半分以下に短縮することが可能です。また、流通業界特有の商品や組織などの階層化したデータ構造や KPI にも柔軟に対応します。

さらに、同じ顧客が購入する複数の商品の関連性を細かく分析する「関連購買分析モジュール」と、既存の顧客分析モジュール上で販売促進活動の企画から承認、検証まで一連のワークフローが管理できる「プロモーション管理」機能を追加しました。各モジュールにはカスタマイズ可能な階層を追加し、ユーザーインターフェースの変更など、顧客企業ごとのカスタマイズもより簡単になりました。さらに、共通の部品を利用して、新たな分析機能を導入企業が独自に開発して Retail Template に追加することも可能です。

今後は、Retail Template をモバイル端末向けに開発する予定です。

「関連購買分析モジュール」について

関連購買分析モジュールでは、同日または指定期間において、ある商品(基準商品)を購買した顧客が他に何を購入したか(関連商品)、という複数の商品間の関連を分析します。基準商品と関連商品がそれぞれ複数でも分析可能で、例えばブランドA でシャツと靴を購入した顧客が、他にどういったブランドのどのような商品を購入しているか、といったことを分析できます。また関連商品が、基準商品の前または後に購入されたのか、どこの売り場で購入されたのか、などより詳細な条件を設定することも可能です。これらの機能によって、バイヤーは顧客の嗜好をより的確にとらえて仕入れ計画の精緻化を図ることができます。

「プロモーション管理」について

顧客分析モジュールに追加されたプロモーション管理機能は、販売促進のためのプロモーション企画のワークフロー全体を Retail Template上で管理します。企画担当者が Retail Template での分析データに基づいてセールやキャンペーンなどの企画立案を行い、ターゲット顧客セグメントを設定して、上長の承認を得て実行します。実行後は、実績データに基づいて結果を検証し、その検証結果も Retail Template 上に保存ができます。ワークフロー化とデータの蓄積により、販促企画のスピーディな実施と結果検証の精度向上を図ることが可能です。

  • (※1)Retail Template について
    Retail Template は、テラデータが多くの流通業に DWH を納入してきた実績をもとに開発した、流通業界向けの分析ソリューションです。日々のビジネスシーンで必要とされる情報活用機能をテンプレート化、集合化することで、経営から MD /バイヤー、マーケティング、売場にいたるまでのあらゆる情報活用ニーズに柔軟に対応します。また、コード体系の変更や組織変更時に発生する過去データの遡及など、一般的な BIツールでは対応に限界のある小売業特有のニーズにも対応可能です。モジュールとして「個人ポータル」「MDテンプレート」「顧客テンプレート」「商品×顧客クロス分析」「関連購買分析」を提供します。
  • (※2)Teradata Universe Tokyo 2012
  • 開催日時: 2012年 3月9日(金) 9:30〜18:00
    会場: ロイヤルパークホテル(東京・水天宮前)
    参加方法: 事前登録制(参加費無料)

http://universe.teradata-j.com/

Teradata Corporationについて

テラデータ・コーポレーションは、データベース・ソフトウェア、データウェアハウス・アプライアンス、そしてエンタープライズ・アナリティクスを通じた、データウェアハウジングおよび統合マーケティング管理分野における世界最大規模の企業です。

http://www.teradata.com/

日本テラデータについて

日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

Retail Template は、日本テラデータの登録商標です。
Teradata は、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。

 本リリースの PDF ファイル(177KB)

PDF を閲覧、印刷するには Acrobat Reader が必要です。